世界中を旅しよう。カウチサーフィンで。- - Couch Surfing - -

英語ができるだけ、それだけで、世界中を旅することができる。
英語なしで行く事ももちろんできるでしょうが、喋れないで行くよりも、喋れる方が何十倍も楽しめること断言します。

ウェブサイト
  
例えば、世界中の旅行者に話題のウェブサイト「カウチサーフィン。」

このサイトは、世界中の旅行先で無料で泊めてくれる人を探すウェブサイトです。
原則無料です。既に世界各国で合計200万人以上がユーザーが存在するこのカウチサーフィン。特に欧米の人には大人気で、オーストラリアで合うヨーロッパ出身の人はほとんどが一回は利用したことあるんじゃないかといえるくらい、当たり前になっています。

タダで泊まる

現地の人とコミュニケーションを取る。どんな旅行者も求めてることかと思います。
ホテルに閉じこもって邪魔されたくないっって人は別に熱海旅行でもいいじゃないですか。
(いや、熱海も素晴らしいところですよ。思い出もいっぱいあります

カウチサーフィンを通して、世界中で登録している200万人以上のユーザーと出会う可能性が。すばらしいじゃないですか。
ちなみにさっと検索してみたところ、こんなところにも迎えてくれる人が。アラスカをねらってみたんですが。
じゃん!

カウチサーフィン

けっこう沢山でてきました。
え、これ何語?ってなった人。小さいですが、Languageの項目に注目。
ちゃんとEnglishって書いてあります。
ちなみに左上にある地図の範囲で検索した結果、8割以上の人の言語に英語は含まれていました。
もちろんその時によって変わるので、絶対とは言えないですが、実際に検索してみればわかります。圧倒的に英語を使える人が多いのです。まぁ当たり前なんですが、このサイトを通しても英語って便利だなーっと思いますよね。

ちょっとカウチサーフィンの記事みたいになってきたところはありますが、せっかくなんでもう少し続けます。

なんか怖くない?

まぁわかります。見ず知らずの人に泊めてもらうって日本人からしたら結構抵抗ありますよね。
単純にあぶなくないの?って思うかもしれません。自分もそう思いました。
でも、いろんな人から体験談聞いたり、実際に自分でつかってみたりすると、まぁこんな世界もあるかなぁといったように慣れてしまうと思います。初めて使ったその日にいやな経験をしたルームメイトのフランス人はもう使わない!って言ってましたが・・・
過度な期待はできませんが、うまく使って楽しんでいる人が多いのも事実です。
女性は気をつけることが多いので、絶対オススメとは言えないのですが、欧米の女の子はやっぱり使ったことあるって人が多いですね。

セキュリティオプション

カウチサーフィン

ちょっと小さいですが、Safety Featuresという項目があるかと思います。
3つ項目があります。Vouched / Verified / Has Photo です。
Vouchedというのは、カウチサーフィンから、信用できるホストであることを認定してもらっている人です。
Verifiedというのは、ちゃんとその場所に住んでる人ですよ、という感じでvouchedとよりは信用度低といったところ。Has Photoはそのまま。写真を掲載している人です。
こんな感じで信頼度の高いホストだけを探せるオプションもあるので、使ってみてください。
かといって100%信用できることはないのであしからず。

旅行者同士のコミュニテイ

カウチサーフィンのウェブサイトは、あなたがログインしている位置情報を要求してきます。
というのも、近くにいるカウチサーファーを表示してくれるという機能があるのです。
グループで行くと安くなるツアーは旅行先でよく見かけます。
あとはレンタカーやキャンパーを借りたいけど、一人だと高すぎるって時に、声をかけてみるといいかもしれません。
もちろん英語でね!

[googlead]

やっぱり英語は必要だよね・・・

カウチサーフィンってこんなに便利でワクワクするようなサービスなんですけど、コミュニケーションはやっぱりほとんど英語です。日本人は読んだり買いたりは比較的得意なので、ウェブサイト上のやり取りはできるかもしれません。でも、実際あって、挨拶して、家のルールとかを聞いて、一緒にご飯たべて、お酒を飲んで、、、言葉でのコミュニケーションは必須です。何時間もの間ボディランゲージでやりくりするははっきりいって苦痛・・。沈黙が流れ気まずくなったりも。
せっかく世界中の人と交流できて、地元の文化も知ることのできるカウチサーフィンも、しゃべれないってだけで、億劫になるのはもったいないです。

カウチサーフィンの言葉に鳥肌

前のページでも書きましたが、オーストラリアに来ていろんな人々と出会って感じていることは、「世界は思っていたほど大きくない」ということです。今回カウチサーフィンを紹介するにあたって、ウェブサイトを見ていたら、こんなドンピシャな言葉を見つけました。

“The world is much smaller than people think”

思っていたことがそのままズバリ書かれていたのでちょっとトリハダっ!
うーん。でも海外に来るとほんとにそう感じるときがあります。楽しいです。

何かありましたらコメントをどうぞ

comments powered by Disqus

人気の記事

950 Points チリ出身のギタリストが弾くドラゴンボールZがむちゃくちゃかっこいい…
774 Points Wordpress + Heroku + PostgreSQL + Amazon S3 = ¥0 / 無料でサイト運営
700 Points Rubyのチートシート 変数 / クラス / モジュール
524 Points Rubyのチートシート / アクティブサポート
451 Points 紙のデザイナーがウェブ開発できるようになるまでに必要なこと
435 Points Rails / Google Analyticsのデータを使って分析や管理画面のためのグラフをつくる
323 Points RailsとHerokuでノーティフィケーションをプッシュする / PusherとTurbolinksの兼ね合い
222 Points Rails / RSpec テスト書いたことない メンドクサイ(n´Д`)という時のチートシート
193 Points Rails / Ajaxを使って画面遷移しない一時保存機能をつける
193 Points Protractorでスクレイピングしてみた