オーストラリアを出国してドイツに入国

オーストラリア最終ブログから1ヶ月近くがたってしまいましたが、
無事、ドイツに入国となりました。

ドイツ
  

今までの経緯

日本で会社辞める(2011年)  
 ↓
オーストラリアにワーキングホリデービザを使って入国  
 ↓  
英語勉強  
 ↓  
シドニーで仕事始める  
 ↓  
ビジネススポンサービザにてビザ延長  
 ↓  
シドニーでドイツ用のワーホリビザ取得  
 ↓  
ドイツ入国(2013年)  
  
なんだかんだで丸2年が経ちました。
この2年間、日本でそのまま仕事してたら後悔してたかどうか知りませんが、とにかく海外でとても満足いく経験しています。大変ですけど楽しい。人にも恵まれているし。
まぁドイツ語、、、荷が重いけどね。

ワーキングホリデービザ再度取得

オーストラリア向けのビザ取得した時が29歳。
ギリギリ滑り込みセーフだーなんて思ってたけど、ホントのホントのリミットでまた取得してしまいました。

国によって違いはあると思うけど、ドイツのワーホリVISAは30歳の間に申請すればよいのです。
31歳の誕生日の前日にでも申請さえできれば、31歳になった後でも入国できます。

ということで、かなりトリッキーではありましたが、
シドニーのドイツ領事館で、直接(日本を介さず)ドイツで有効なワーキングホリデーを申請、取得しました。

最初は情報を得ようにもどこを探していいのかわからなかったけど、ここにたどり着きました。  

German Missions in Australia - Working Holiday Visa

【追記】こちらがワーホリの英語ページです。
German Missions in Australia - Working Holiday Visa

ページはオーストラリアの市民であることが条件と書いてあったけど、電話した結果、日本人も受け付けられますとのこと。
申請には領事館へ行かなければいけません。※要予約

【 持ち物 】
  
●申込書(ドイツ滞在予定先の住所必要)
 - 確定してなくても適当に決めて住所を書く。予約証明の提出は求められなかった。
●最近撮影したパスポート写真 (35 x 45 mm)
●滞在期間+3ヶ月以上有効なパスポート
 - 1年3ヶ月はあったほうがいいんじゃないかな。
●海外旅行保険の証明
 - 保険会社にドイツのワーホリで有効なものを教えてもらった。
●滞在に十分な資金の証明(少なくとも250ユーロ/月)
 - 銀行の残高が確認できるコピーとか。
●プリペイドの返信用封筒
 - 郵便局で購入できます。
●申請料
 - 60ユーロ(現金またはクレジットカード)

2週間くらいで封筒が届きました。
ちなみにシドニーの領事館は英語で全然OK。
ギリギリでどきどきしたけど、無事取得となりましたっと。

ということで本日はここまで。

何かありましたらコメントをどうぞ

comments powered by Disqus

人気の記事

950 Points チリ出身のギタリストが弾くドラゴンボールZがむちゃくちゃかっこいい…
774 Points Wordpress + Heroku + PostgreSQL + Amazon S3 = ¥0 / 無料でサイト運営
700 Points Rubyのチートシート 変数 / クラス / モジュール
524 Points Rubyのチートシート / アクティブサポート
451 Points 紙のデザイナーがウェブ開発できるようになるまでに必要なこと
435 Points Rails / Google Analyticsのデータを使って分析や管理画面のためのグラフをつくる
323 Points RailsとHerokuでノーティフィケーションをプッシュする / PusherとTurbolinksの兼ね合い
222 Points Rails / RSpec テスト書いたことない メンドクサイ(n´Д`)という時のチートシート
193 Points Rails / Ajaxを使って画面遷移しない一時保存機能をつける
193 Points Protractorでスクレイピングしてみた