GithubにRailsのWordpressっぽいブログアプリを公開しました。

先日このサイトをリニューアルしたのですが、せっかくなのでソースコードをGithubに公開しました。といっても特別なものはなく、基本的なRailsアプリでブログに必要なGemが色々とセットアップされてるといったものです。

https://github.com/shunwitter/railspress

Wordpressはもちろん凄い使いやすいので、あえてWordpressから引っ越す必要もないかもしれませんが。。。MySQLからPostgresqlへの引っ越しも結構大変だしね。でも色々といい経験になりました。
ブログを全面リニューアル。RailsでWordpressを再構築してみた。
  
※ 個人的なブログアプリなのでテストは書いてません。時間があって元気あったら書こうと思います。

heroku + Amazon S3 で動かすことを前提としています

機能はシンプルでこれだけ

  • ユーザー作成
  • カテゴリ作成
  • タグ付け
  • サイトマップ自動生成
  • Markdownで記事作成
  • 画像アップ機能(挿入もMarkdownフォーマット)
  • カスタムURL(前の記事のURLを引き継ぎたかったので)
  • 基本的なSEO対策

速い

Turbolinksが有効になっているので、ページ遷移の速度はかなり高速なはず。
Turbolinksを有効にしたままだと、グーグル広告やアナリティクスがうまく動かないんですが、一応そこらへんもちゃんと動くように気を使ってます。
  

シンプル

Wordpressにあるようなテーマ編集とかWYSISYGエディタとかリッチな機能はないです。
記事作成はただのtextareaなのでサクサクです。
WYSISYGがどうも好きになれなくて、
ワードプレスではずっとHTMLモードで書いてたのですが、
Markdownが書けるので記事作成にタグかかないくていい。
  

無料で運営

最初の1年は多分無料でブログを運営することができます。
というのもAmazonS3が1年間無料だから。
有料になったとしても相当安いはず。
アプリサーバのherokuも1Dynoまで無料、データベースも15,000行まで無料。
それなりにPVがあるならお金を払ってDynoを買いましょう。
  

簡単セットアップ

FTPでファイルをポンっと置いてできあがり!とはいきませんが、
herokuなのでデプロイ簡単。
もろもろの値を環境変数にしてあるので、デプロイ時に設定してください。
画像とか広告とかは適当に変更してください。
heroku使ったことない人はこれを機にぜひ。
他のSaaSでも問題ないですが。
  

モバイル対応

Bootstrapで一応レスポンシブルにしてあります。
携帯で閲覧はもちろん書き込みだって快適。
  

Railsアプリのテンプレ

何か簡単なアプリ作る時はそのベースになるかもね。
特別なことはしてないのでテンプレートとして使えるかも。
  
ということで、よかったら使ってみてください。

https://github.com/shunwitter/railspress

2014/6/9 追記

先日、Githubのレポジトリを削除しました。
また時期を見て公開しようと思います。

何かありましたらコメントをどうぞ

comments powered by Disqus

人気の記事

950 Points チリ出身のギタリストが弾くドラゴンボールZがむちゃくちゃかっこいい…
774 Points Wordpress + Heroku + PostgreSQL + Amazon S3 = ¥0 / 無料でサイト運営
700 Points Rubyのチートシート 変数 / クラス / モジュール
524 Points Rubyのチートシート / アクティブサポート
451 Points 紙のデザイナーがウェブ開発できるようになるまでに必要なこと
435 Points Rails / Google Analyticsのデータを使って分析や管理画面のためのグラフをつくる
323 Points RailsとHerokuでノーティフィケーションをプッシュする / PusherとTurbolinksの兼ね合い
222 Points Rails / RSpec テスト書いたことない メンドクサイ(n´Д`)という時のチートシート
193 Points Rails / Ajaxを使って画面遷移しない一時保存機能をつける
193 Points Protractorでスクレイピングしてみた