プログラミングを短期間で覚えたければ海外に行った方がいいかもしれない

海外に長期滞在して勉強になったことはたくさんあって、簡単には表現できないけれど、その中の1つにプログラミングがあるかもしれない。
プログラミングを覚える環境がとても良かった。

  
日本を出ると孤独です。
家族も、友達も、同僚も、先輩、後輩、お世話になった先生など、すべての人とのコンタクトがなくなり、たった1人。大人になってからまた友達作りに励むとは思ってみませんでした。
もちろんスカイプでいつでも話せるんですが、時差もあるし、なかなか継続的につながりを持つということは少ない。

言葉を勉強して、住まいを探して、仕事を探して、、、と最初のうちはやることが沢山あるので、未知の地でチャレンジしているというか、不安と楽しさの中間でいい感じなんですけどね。

友達もできますが、20年、30年も住んできた日本の友達とは比べものにならないくらい少ないのが普通です。
出国して1ヶ月くらいは日本の友達からコンタクトもあるかもしれませんが、自然と減っていくもの。友達ではなくなったとかではなくて、離れるとやっぱり自然とそうなる。東京に出た後に実家の友達にあまり連絡しなくなったのと同じように。
  
孤独なので、時間があります。
「プログラミングを覚える環境がとても良かった」は、正確には「プログラミングを覚えることができるくらい時間ができた」という単純な話です。

日本では、

  • 仕事が忙しく終電で帰ることもあった。
  • 友達とよく飲みにいっていた。
  • ライブやクラブによく行っていた。
  • 彼女とよく会っていた。
  • 春は花見に。
  • 夏は海に。
  • 秋は観光に。
  • 冬はスノボーに。
  • 正月は実家に。

などなどなどなど…
とにかく予定はたくさんあったし、誘ってくれる友達も多かった。
みんなと楽しみたいと思うのは自然で、断るにはかなり強い意志がないと難しく、自分には無理だったと思う。

だから、海外に出てみて、一度孤独になってみるのも良いかもしれない。
1日のうち、どれだけ自分が外的要因によって拘束されていたかよく分かる。

  • 日本の本は買えないけど、インターネットに情報はある。
  • 英語勉強してたら、Code Schoolとかのオンライン学習がある。
  • 行き詰まっても聞ける人はいないけど、Stack Overflowがある。

  
もともとグラフィックデザイナーだった自分が、短期間でアイデアをウェブサービスというかたちで公開できるまでになったのは、この環境がとても良かったと今では思う。
海外に出たことによる、思いがけない副産物でした。

※ あまりに孤独だと頭がおかしくなりそうなので、やりすぎには注意です。

何かありましたらコメントをどうぞ

comments powered by Disqus

人気の記事

950 Points チリ出身のギタリストが弾くドラゴンボールZがむちゃくちゃかっこいい…
774 Points Wordpress + Heroku + PostgreSQL + Amazon S3 = ¥0 / 無料でサイト運営
700 Points Rubyのチートシート 変数 / クラス / モジュール
524 Points Rubyのチートシート / アクティブサポート
451 Points 紙のデザイナーがウェブ開発できるようになるまでに必要なこと
435 Points Rails / Google Analyticsのデータを使って分析や管理画面のためのグラフをつくる
323 Points RailsとHerokuでノーティフィケーションをプッシュする / PusherとTurbolinksの兼ね合い
222 Points Rails / RSpec テスト書いたことない メンドクサイ(n´Д`)という時のチートシート
193 Points Rails / Ajaxを使って画面遷移しない一時保存機能をつける
193 Points Protractorでスクレイピングしてみた