MacbookのキーボードカバーはTypistがおすすめかも

ビール片手に開発…!なんて時の強い味方。キーボードカバー。なぜか破れてしまったので新調しました。
いままではELECOMのを使っていたけどBluevisionのTypistというやつにしてみました。

こいつです。
Mountain Lion専用とステッカーが貼ってあるのが、謎ですが…。
OSによってキーボードのカタチが変わるとでも…?
ちなみに、15-inch, Mid 2010 ですが、問題なく装着できました。
IMG_20140803_153832

キーの間が透明になっている

Macbookは、キーボードにバックライトが付いてます。
普段使わないけど、旅先バックパッカーとかで暗闇の中操作してると意外と助かる。

それが…、ELECOMのは全面に色が乗ってるので、せっかくのライトが見えない…。
Typistだとカバー付けた透明な部分からライトが漏れるので、いい感じ。

Typist
IMG_20140803_153842
  
ELECOMのやつ
IMG_20140803_153953

Capslockのライトが見える

これも同じようなことで、ELECOMはCapslock「オン」状態のライトが見えないのに対して、
Typistは見える。何気に嬉しい。
IMG_20140803_153912

タイピングがカバー無しと近い

初めてカバーを付けてタイピングする時に感じるのは、「なんか違う」…
まぁ一枚かぶせてタイプするわけなので、モサモサしているというか、フワフワしているというか…。なんか軽快じゃないのですが、Typistは結構カバーなしに近いかもしれない。若干違和感は残るけど、ELECOMより良い感じ。
カバー掛けるとタイピング音も静かになると思うので、隣の席で「タタタ ターーーーッン」と打たれてイラついている人は、ぜひプレゼントしてみてください。:D
  

今まで使ってたELECOMと、今回買ったTypistというやつです。

まぁ、キーボードの汚れとか気にしない人にはどうでもいい話なんですけど。
個人的にはキーが汚いってのは嫌なんです。毎日使う道具だし、気になる人もいるのでは。

ちなみに、キーボードカバーですが、海外では「なにこれ!?いいねー!」とよく言われました。
こういうアイテムがめちゃくちゃ沢山あるのは日本ならではですよね。

何かありましたらコメントをどうぞ

comments powered by Disqus

人気の記事

950 Points チリ出身のギタリストが弾くドラゴンボールZがむちゃくちゃかっこいい…
774 Points Wordpress + Heroku + PostgreSQL + Amazon S3 = ¥0 / 無料でサイト運営
700 Points Rubyのチートシート 変数 / クラス / モジュール
524 Points Rubyのチートシート / アクティブサポート
451 Points 紙のデザイナーがウェブ開発できるようになるまでに必要なこと
435 Points Rails / Google Analyticsのデータを使って分析や管理画面のためのグラフをつくる
323 Points RailsとHerokuでノーティフィケーションをプッシュする / PusherとTurbolinksの兼ね合い
222 Points Rails / RSpec テスト書いたことない メンドクサイ(n´Д`)という時のチートシート
193 Points Rails / Ajaxを使って画面遷移しない一時保存機能をつける
193 Points Protractorでスクレイピングしてみた