よく使うxpath / スクレイピングメモ

自分用のメモです。
随時更新していきます。

●番目以降の要素

//table[@id='foo']/tbody/tr[position() >= 2]

id="foo" というテーブルの、tbodyの中の、2番目のtr以降を取得

特定のクラス名を持つ要素

//table[contains(@class, 'foo')]

fooというクラス名を持つテーブル
table[@class='foo'] だと、複数クラスを持っている場合にスルーされてしまう。

何かありましたらコメントをどうぞ

comments powered by Disqus

人気の記事

950 Points チリ出身のギタリストが弾くドラゴンボールZがむちゃくちゃかっこいい…
774 Points Wordpress + Heroku + PostgreSQL + Amazon S3 = ¥0 / 無料でサイト運営
700 Points Rubyのチートシート 変数 / クラス / モジュール
524 Points Rubyのチートシート / アクティブサポート
451 Points 紙のデザイナーがウェブ開発できるようになるまでに必要なこと
435 Points Rails / Google Analyticsのデータを使って分析や管理画面のためのグラフをつくる
323 Points RailsとHerokuでノーティフィケーションをプッシュする / PusherとTurbolinksの兼ね合い
222 Points Rails / RSpec テスト書いたことない メンドクサイ(n´Д`)という時のチートシート
193 Points Rails / Ajaxを使って画面遷移しない一時保存機能をつける
193 Points Protractorでスクレイピングしてみた