herokuで複数のアカウントを使う時

受注案件でherokuのセットアップからお願いされると、普段使っている自分のアカウントではないアカウントを作成しなきゃだけど、ちょっとだけめんどくさい。
そのままやると git push heroku master の時に権限がないよ!って怒られる。

  • サーバーやアプリのメンテもやる
  • アプリだけつくる
  • アプリの一部だけつくる

とか、受注案件といってもいろいろあると思うんだけど、
最初にどこまでやるのか決めておく事は大事。関係ないけど。

本題
 ↓
ddollar/heroku-accounts · GitHub
これインストールしたら簡単だった。

$ heroku plugins:install git://github.com/ddollar/heroku-accounts.git

  
shunはお好きな名前で。
個人用/仕事用とかならpersonal / workとか?

$ heroku accounts:add shun

Enter your Heroku credentials.と言われるので、herokuにログインするメールアドレスとパスワードを入力。
~/.ssh/config にいろいろ書けと言われる。

vi ~/.ssh/config

Host heroku.shun
  HostName heroku.com
  IdentityFile /Users/your_name/.ssh/id_rsa_heroku
  IdentitiesOnly yes

Mac使ってるとこんな感じだと思う。your_nameは自分のMacのアカウント。
id_rsa_herokuは秘密鍵のファイル名です。
  
で、Railsとかのルートディレクトリに行って、下のコマンドを打てばOK。

$ heroku accounts:set shun

  

$ heroku accounts

とすればどんなアカウントが存在するのか分かる。
アスタリスクの付いている方がそのディレクトリで有効なアカウント。

* shun
test

  
Railsのプロジェクトごとにアカウントが切り分けられるのでとても便利。

参考

herokuコマンドで複数アカウントを使いわける - Sooey

seijimomoto.blogspot.com: Heroku Toolbelt:SSH鍵の管理

何かありましたらコメントをどうぞ

comments powered by Disqus

人気の記事

950 Points チリ出身のギタリストが弾くドラゴンボールZがむちゃくちゃかっこいい…
774 Points Wordpress + Heroku + PostgreSQL + Amazon S3 = ¥0 / 無料でサイト運営
700 Points Rubyのチートシート 変数 / クラス / モジュール
524 Points Rubyのチートシート / アクティブサポート
451 Points 紙のデザイナーがウェブ開発できるようになるまでに必要なこと
435 Points Rails / Google Analyticsのデータを使って分析や管理画面のためのグラフをつくる
323 Points RailsとHerokuでノーティフィケーションをプッシュする / PusherとTurbolinksの兼ね合い
222 Points Rails / RSpec テスト書いたことない メンドクサイ(n´Д`)という時のチートシート
193 Points Rails / Ajaxを使って画面遷移しない一時保存機能をつける
193 Points Protractorでスクレイピングしてみた