Railsを4.2にバージョンアップしたら、Vagrantのローカル開発環境にアクセスできなくなった問題

困った。
と、思ったらリリースノートに書いてあった。
ちゃんと読めよってね。

アップグレードの手順はこちら。
rbenv / Ruby / Ruby on Rails アップグレードの手順 | Workabroad.jp
  
結構かわってるんだなー。
メーラーの deliver とかも deliver_now になったりしてる。

それはさておき、

ただし、今回の変更により、別のPCからRailsサーバーへのアクセスは以前と同じようにはできなくなります。たとえば、development環境が仮想マシン上にあり、ホストマシンからこのdevelopment環境にアクセスする場合などがこれに該当します。 このような場合、サーバーを起動する際にrails server -b 0.0.0.0とすることで、以前と同じ動作を再現できます。

そういうことらしい。

rails s -b 0.0.0.0

で無事 192.168.33.555:3000 みたいな感じでアクセスできました。
ちょっとメンドクサイけどね。

リリースノートちゃんと読まないと。。

参考

Ruby on Rails 4.2 リリースノート — Rails ガイド
Vagrant で Ruby on Rails 4 の環境構築 - Qiita
  

何かありましたらコメントをどうぞ

comments powered by Disqus

人気の記事

950 Points チリ出身のギタリストが弾くドラゴンボールZがむちゃくちゃかっこいい…
774 Points Wordpress + Heroku + PostgreSQL + Amazon S3 = ¥0 / 無料でサイト運営
700 Points Rubyのチートシート 変数 / クラス / モジュール
524 Points Rubyのチートシート / アクティブサポート
451 Points 紙のデザイナーがウェブ開発できるようになるまでに必要なこと
435 Points Rails / Google Analyticsのデータを使って分析や管理画面のためのグラフをつくる
323 Points RailsとHerokuでノーティフィケーションをプッシュする / PusherとTurbolinksの兼ね合い
222 Points Rails / RSpec テスト書いたことない メンドクサイ(n´Д`)という時のチートシート
193 Points Rails / Ajaxを使って画面遷移しない一時保存機能をつける
193 Points Protractorでスクレイピングしてみた