AWS EC2を使う時の便利コマンド

よく使うことがあるので貯めていこう。

ローカルのファイルを転送する

scp -i 鍵の場所 対象ファイル ユーザー@URL:ディレクトリ

こんな感じ。

scp -i ~/.ssh/your_key_pair.pem your_file.txt ec2-user@ec2-00-00-00-000.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com:/var/www/html

scp -r -r オプションをつけるとフォルダごとまとめて転送できます。

  

リモートのファイルをダウンロードする

ファイルと転送先の関係が逆になる。

$ scp -i 鍵の場所 ユーザー@URL:ファイル ローカルのダウンロード先

現在のディレクトリにダウンロードする場合はこんな感じ。
-r オプションも可能。
どちらもローカルのコンソールから実行。

scp -r -i your_key.pem  ec2-user@ec2-00-00-00-000.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com:/var/www/your_file.txt .

  

Basic認証を設定する

/var/www/html にBasic認証をかける。

パスワード作成

$ htpasswd -c /etc/httpd/.htpasswd my_user

  
Apacheの設定
こちらの記事でVirtualHostの設定をしたので、設定ファイルの場所はそれに従います。
EC2でインスタンスを立ち上げてCapistranoでGithubからWordpressをデプロイするまで | Workabroad.jp

$ sudo vim /etc/httpd/conf.d/virtualhost.conf 

# VirtualHostの設定に下記を追加
<Directory "/var/www/html">
    AuthType Basic
    AuthName "Secret Zone"
    AuthUserFile /etc/httpd/.htpasswd
    Require user my_user
</Directory>

  
Apache再起動

$ sudo service httpd restart

  
ひとまずメモ。
今後も足していこうと思います。

何かありましたらコメントをどうぞ

comments powered by Disqus

人気の記事

950 Points チリ出身のギタリストが弾くドラゴンボールZがむちゃくちゃかっこいい…
774 Points Wordpress + Heroku + PostgreSQL + Amazon S3 = ¥0 / 無料でサイト運営
700 Points Rubyのチートシート 変数 / クラス / モジュール
524 Points Rubyのチートシート / アクティブサポート
451 Points 紙のデザイナーがウェブ開発できるようになるまでに必要なこと
435 Points Rails / Google Analyticsのデータを使って分析や管理画面のためのグラフをつくる
323 Points RailsとHerokuでノーティフィケーションをプッシュする / PusherとTurbolinksの兼ね合い
222 Points Rails / RSpec テスト書いたことない メンドクサイ(n´Д`)という時のチートシート
193 Points Rails / Ajaxを使って画面遷移しない一時保存機能をつける
193 Points Protractorでスクレイピングしてみた