シドニーで中国系のお店に行くと、薬入れられて知らない間に臓器を摘出されるとか…

オーストラリア・シドニーは多国籍。
場所にもよりますが、シティを歩いていると必ずアジア人とすれ違う。
やっぱりその中でも中国人はとても多いのです。

日本人のお店も中国人をターゲットにしてるんだよね。
他の国ではわからないけど、オーストラリアでは日本のものが中国人に人気だとか。
ラーメン、ヘアスタイル、ネイルとかとか。ネットでわざわざ日本のお店を探してやってくる人も多いとか。

たびたび日中関係がどうのこうのと話題になるので、
やっぱりちょっとは気になるんだよね。
話してる時も、本当はどうおもってるんだろう、とか。正直ね。

この間、ビラを配っている人がいた。聞いてみると、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州(シドニーがあるところ)と中国との臓器のやり取りを禁止するために活動しているそう。買うところがあるから供給する業者が後をたたないと。

「Forced live organ harvesting」まじかよって思うよね。生きた人から無理やり臓器を摘出するって…。シドニーでは反対運動が結構行われていたりします。まぁその運動からかどうなのか、妙な誤解もあって、チャイナタウンで泥酔すると知らない間に臓器取られる、とか前のフラットメイト(フランス人)はまじで心配してました。

そんなことはないでしょう。シドニーではそんなことはないと思います。

 

ところで、今日たまたま中国関係のサイトにめぐりあいました。

「中国、新興国の「今」をお伝えする海外ニュース&コラム。」だそうです。
興味深い記事がいろいろあったので、ちょっとまとめた。強烈です。

クリエイターの逃げ場となった中国の「抗日戦争ドラマ」=“抗日”というビジネス
主要テレビ局でゴールデンタイムに放映されたドラマ200本あまりのうち、抗日戦争ドラマが70本超を占めてたというのは、なんだか異様な気がしますが、そこにはビジネス的な要素もかかわっているようです。
【鬼子くんとウサギちゃん】記事「私の日本人彼氏」がプチ炎上しているお話(1)―中国
けっこう強烈な文章だね。。
私はコナンが好きだ。1話に1人、日本人が死ぬから。 私はデスノートが好きだ。1話に1ダースの日本人が死ぬから。 私はワンピースが好きだ。1話に船1隻分の日本人が死ぬから。
商売の天才・中国人が生み出したミラクルビジネス「蟹券」が面白い―中国
ウケる。蟹券だそうです。カニに換えるクーポンが大人気。カニだぜカニ。 そして確かにミラクルビジネス。何にも動かさずに儲ける方法。
「私は死んで当然の小日本です」我が家にきた日本の子どもの言葉に凍り付いた―中国
日本の子供が中国に行った時に、中国の子供がとった行動。 本当にそんな反日教育が行われているとは、 やっぱりまだ信じられないけど、やっぱり今も続いているのか?

日本にいるときはあまり考えたこともなかったけど、
同じ都市にこれだけ沢山の国籍が混ざってると、いろいろ考えさせられるのです。
やっぱり文化の違いってあるしね。

何かありましたらコメントをどうぞ

comments powered by Disqus

人気の記事

950 Points チリ出身のギタリストが弾くドラゴンボールZがむちゃくちゃかっこいい…
774 Points Wordpress + Heroku + PostgreSQL + Amazon S3 = ¥0 / 無料でサイト運営
700 Points Rubyのチートシート 変数 / クラス / モジュール
524 Points Rubyのチートシート / アクティブサポート
451 Points 紙のデザイナーがウェブ開発できるようになるまでに必要なこと
435 Points Rails / Google Analyticsのデータを使って分析や管理画面のためのグラフをつくる
323 Points RailsとHerokuでノーティフィケーションをプッシュする / PusherとTurbolinksの兼ね合い
222 Points Rails / RSpec テスト書いたことない メンドクサイ(n´Д`)という時のチートシート
193 Points Rails / Ajaxを使って画面遷移しない一時保存機能をつける
193 Points Protractorでスクレイピングしてみた