ワーホリ見積りマシーンつくった

クリスマスも近づいて、ヨーロッパはなんだかリラックスムードです。日本だったら師走だ納品だ締め切りだーって感じで逆に忙しくなりそうだけど、ベルリンでは仕事?んー来年からね。みたいな雰囲気がある。
ということで、時間ができたので簡単なアプリつくった。

ワーホリ見積りマシーン
ワーホリ見積りマシーン
 

ワーキングホリデーに行ける国が検索できて、それにかかる費用を自動で計算してくれます。「28歳、英語喋りたい、予算は20万/月」みないな条件を入力するとサクッと結果を表示してくれます。
ワーホリ国検索

 
検索結果に出てきた国の中で、さらに滞在期間と学校に行く期間を入力すると、その他もろもろの金額(航空券とか海外旅行保険とか)を合算した概算見積りを算出することができます。
ワーホリ予算
  
実際には同じくにでも場所によって物価が違ったりとか、生活スタイルによって出費はかなり変わってくるので、あくまで目安というか、こんな感じかぁ〜程度のものです。
航空券やシェアハウスなんかを工夫するとかなり金額押さえれたりするからね。とくに住環境については、日本人は他の国の人と比べて支出が多い気がする。
   
少しだけ技術的な話ですが、Railsとherokuで。
このブログがRais+herokuだから、そのまま突っ込んじゃいました。
今回みたいなRailsでちょっとしたものを作るて時に、wordpressから移行してよかったと思った。
ちなみにこのブログはこのコードで動いてます。

特にGemは使わずごく普通。使ってるとしたら、予算検索の部分のjQuery-ui Sliderくらい。必須じゃないけどちょっとやってみたかった。
あとは、レスポンスは全部ajaxということくらい。反応がサクサクしてて気持ちがいいね。

 
以上です。
ワーキングホリデーに行こうかなぁ〜なんて考えている人は、使ってみてください。
ワーホリ見積りマシーン

何かありましたらコメントをどうぞ

comments powered by Disqus

人気の記事

950 Points チリ出身のギタリストが弾くドラゴンボールZがむちゃくちゃかっこいい…
774 Points Wordpress + Heroku + PostgreSQL + Amazon S3 = ¥0 / 無料でサイト運営
700 Points Rubyのチートシート 変数 / クラス / モジュール
524 Points Rubyのチートシート / アクティブサポート
451 Points 紙のデザイナーがウェブ開発できるようになるまでに必要なこと
435 Points Rails / Google Analyticsのデータを使って分析や管理画面のためのグラフをつくる
323 Points RailsとHerokuでノーティフィケーションをプッシュする / PusherとTurbolinksの兼ね合い
222 Points Rails / RSpec テスト書いたことない メンドクサイ(n´Д`)という時のチートシート
193 Points Rails / Ajaxを使って画面遷移しない一時保存機能をつける
193 Points Protractorでスクレイピングしてみた