VirtualBoxでローカル環境つくる時に必要なお作法

開発中でして、こんな感じです。
本番:sakura VPS
ローカル:VirtualBox / CentOS

先日までテスト環境も本番サーバーに入れて、Virtual hostの設定で切り分けてたんですが、ネットに接続しないと開発できないし、オーストラリアのwifiは遅いのとで、やっぱローカルだよな、ということになりました。

愛用MacBookにVirtualBoxを入れてるし。

Macから仮想マシンへアクセス

コレやる前はいつも使ってるwifiから、別のwifiに切り替えるとローカルマシンのIPアドレスが変わって、あれー開発中のサイトに接続できねー、なんてね。

ネットワークの設定を追加するんだけど、
これじゃないので注意↓
この左上にあるSetting、、、ではない

VirtualBox

こっち。

仮想マシン

設定画面がでたら、ネットワークを選択して、+アイコンをクリック。
新規ネットワーク設定の追加です。

ローカル環境構築

これは必要だからメモ

IPv4 アドレス 192.xxx.xx.xx
IPv4 ネットマスク 255.255.255.0
MACアドレス 0800278F6E11

今度はこっち

VirtualBox

左上のセッティングから、ネットワークを選択。

アダプター2ってのが選択できるようになってるので、
Host-only Adapter を選択
名前はさっき作ったネットワークです。ここではvboxnet0になってる。

ターミナル操作

vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1

で開いて、下記のように修正

Intel Corporation 82540EM Gigabit Ethernet Controller

DEVICE=eth1
BOOTPROTO=static
ONBOOT=yes
HWADDR=08:00:27:5e:75:6d
IPADDR=192.xxx.xx.xxx

xxxは、適当に100とか111とか123とかどうぞ。
192.xxx.xx.xxxが固定のIPとなります。

再起動

1
/etc/init.d/network restart

ssh root@192.xxx.xx.xxx とかで接続。

これでssh接続できるはず。
ネット切っても大丈夫♪だってローカルだもん!

なんだかこういう準備って自分は向かないなー。
仕込みだからね。ぜんぜん開発進んでないからね!

何かありましたらコメントをどうぞ

comments powered by Disqus

人気の記事

950 Points チリ出身のギタリストが弾くドラゴンボールZがむちゃくちゃかっこいい…
774 Points Wordpress + Heroku + PostgreSQL + Amazon S3 = ¥0 / 無料でサイト運営
700 Points Rubyのチートシート 変数 / クラス / モジュール
524 Points Rubyのチートシート / アクティブサポート
451 Points 紙のデザイナーがウェブ開発できるようになるまでに必要なこと
435 Points Rails / Google Analyticsのデータを使って分析や管理画面のためのグラフをつくる
323 Points RailsとHerokuでノーティフィケーションをプッシュする / PusherとTurbolinksの兼ね合い
222 Points Rails / RSpec テスト書いたことない メンドクサイ(n´Д`)という時のチートシート
193 Points Rails / Ajaxを使って画面遷移しない一時保存機能をつける
193 Points Protractorでスクレイピングしてみた