Mountain Lion にして SublimeText2 の文字が見にくくなったら。

いまさらMountain Lion

なんだか最近の便利ソフトがSnow Leopardで動かないようなので、
今更ながらOSをMountain Lionにしました。

そしたらなんか、フォントの見え方が変わった気がする。
多分Retinaディスプレイで見た時に最適化されているだと思う。
なんか違和感あるなーと思ってたのは多分そのせい。多分。

で、いつものように、Sublime Text 2 でコードを書くわけですが、
めちゃくちゃ見にくい!急に目が悪くなったんじゃないかと思った..。

SublimeText2

SublimeText2

OSをアップデートした直後。こんな感じ。
なんかこう… かすんでる。パキッとしてないんだよね。
これは長時間の作業には相当ストレスになると思ってさっそく解決の道を探る。

Source Code Pro

source-code-pro

アドビが開発したソースコードのためのフォント。
その名もSource Code Pro。ちょっと前に話題になってて、
ふーんって感じで流してたけど、ここぞとばかり使ってみた。

1.GitHubにてダウンロード
https://github.com/adobe/Source-Code-Pro/

2.インストール。今回はRegularとMediumだけインストール。

3.Sublime Text 2 の環境設定を変更
Preferences/Settings - User を開いて下記を追加

1
2
3
4
5
{
    "font_size": 13.0,
    "font_face": "Source Code Pro Medium",
    "open_files_in_new_window": false
}

Regularだとまだかすんで見えたので、Mediumにしました。
ついでにフォントサイズも上げてみた。

変更結果

だいぶいい!

SublimeText2

これでまた目に優しいコーディングができますよっと。

ちなみにもういっかい変更前↓
SublimeText2

。。。スクリーンショットは分かりにくいけど、、全然違うから!
いやホント。Retinaでない人はやってみて。

以上、世界一地味なネタでした。

何かありましたらコメントをどうぞ

comments powered by Disqus

人気の記事

950 Points チリ出身のギタリストが弾くドラゴンボールZがむちゃくちゃかっこいい…
774 Points Wordpress + Heroku + PostgreSQL + Amazon S3 = ¥0 / 無料でサイト運営
700 Points Rubyのチートシート 変数 / クラス / モジュール
524 Points Rubyのチートシート / アクティブサポート
451 Points 紙のデザイナーがウェブ開発できるようになるまでに必要なこと
435 Points Rails / Google Analyticsのデータを使って分析や管理画面のためのグラフをつくる
323 Points RailsとHerokuでノーティフィケーションをプッシュする / PusherとTurbolinksの兼ね合い
222 Points Rails / RSpec テスト書いたことない メンドクサイ(n´Д`)という時のチートシート
193 Points Rails / Ajaxを使って画面遷移しない一時保存機能をつける
193 Points Protractorでスクレイピングしてみた